未分類

給付金を受け取るには

円マーク具体的にB型肝炎給付金を受け取るにはどうすればいいのかということですが、まず覚えておいてほしいのは平成34年1月12日までに請求しなくてはいけないということです。給付についての法律があることについては先ほどお伝えしましたが、この特別法には期限が設けられています。この期限までに申請しないと受け取れるはずだった給付金も受け取れなくなりますから注意しましょう。なお、給付金の受給資格があるのは一次感染者と二次感染者、遺族となっています。遺族の場合は親族が裁判を行うことで給付金を受け取れます。

裁判はその気になれば自分でもできますが、ほとんどの方は自ら裁判を起こしたことなどないはずです。手順も分からないでしょうし、何から始めればいいのかすら分からないでしょう。そのため、B型肝炎給付金訴訟を起こすには通常弁護士に依頼することになります。B型肝炎給付金に関する訴訟に力を入れている法律事務所もありますから、そうした事務所の弁護士に相談するのがもっともベストな選択ではないでしょうか。きちんと相談に乗ってもらえるでしょうし、自分に受給資格があるかどうかも確認できます。相談だけなら無料という法律事務所も多いですよ。

推奨LINKB型肝炎給付金の相談弁護士法人アディーレ法律事務所

未分類

B型肝炎への感染

注射器過去に集団予防接種を受けたことでB型肝炎に感染した人がいる、というお話を先ほどしたと思いますが、これがそもそもどういうことか分からないと感じた方もいるはずです。厳密には昭和23年から63年にかけてのことなのですが、この時期には全国各地で集団予防接種が行われていました。今のような医療体制のもと行われていれば何の問題もなかったのですが、当時は注射器などもそのまま使い回ししていましたし、それが原因で多くの方にB型肝炎が感染してしまうことになります。B型肝炎ウイルスは血液や体液から感染しますから、感染するのも当然ですよね。

B型肝炎に感染する原因はほかにもありますから集団予防接種だけが原因ではありません。しかし、集団予防接種によってB型肝炎に感染した方はまだ国内に40万人ほどいると言われていますし、国はその人たちに対して補償をしようと考えました。そのためにできた救済法がB型肝炎特別措置法と呼ばれる法律です。所定の手続きを行い、裁判を経ることで給付金を受け取ることができるという救済法です。裁判が必要なのは本当に集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したのかどうかをきちんと判断するためです。なお、遺族もB型肝炎給付金を受け取る権利があります。

未分類

B型肝炎の給付金

予防注射B型肝炎という病気をご存知の方もおられるでしょうが、B型肝炎とはB型肝炎ウイルスに感染することで発症する病気です。持続感染している状態だと慢性的な肝炎を発症してしまいますし、そこからさまざまな症状を引き起こすこともあります。B型肝炎ウイルスは血液や体液を介して感染することがほとんどですから、感染経路はさまざまなことが考えられますが、実は過去に集団予防接種を受けたことが原因でB型肝炎になってしまった方もいます

B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金という言葉を聞いたことがある方もおられると思いますが、これはまさに過去の集団予防接種によってB型肝炎になってしまった方を救済するためのものです。現在ではB型肝炎特別措置法という法律もありますし、国の過ちによってB型肝炎に感染した方を救済しようという法律になっています。過去に集団予防接種によってB型肝炎になってしまった方には給付金が支給されるようになっていますし、所定の手続きを行うことで給付金を支払ってもらえるのです。

B型肝炎給付金についてもっと知りたい、という方もおられると思いますから、ここではB型肝炎や給付金についてもっと詳しくお話したいと思います。未だにB型肝炎によって苦しめられている方はたくさんいますし、もしかすると周りにも気づいていないだけでB型肝炎に感染している方がいるかもしれません。ここでご紹介する内容が少しでも参考になりお役に立てれば幸いです。